事業拡大の予定があるなら税理士は必要!

会社を始める時には小さくても、いつかは大きくしたいと誰でも思いますよね。
売上が上がれば従業員だって雇えるし、会社を大きくする事もできます。
いつか事業を拡大したいと思った時に必要になるのがお金ですが、事業拡大の資金の調達ってできますか?
資金調達のための書類作成は、審査があるのでポイントをおさえて、作成しなければなりません。
税理士ならこのポイントを把握しているので、資金調達の書類作成のアドバイスを行ってくれます。
しかし税理士がいない場合には、きちんと書類作成ができるか不安ですよね。
今は会社の規模が小さくて顧問税理士なんて必要がないと思っていても、将来的に事業を拡大しようと思っているなら税理士は必要です。
顧問税理士として、長年付き合いのある税理士だからこそ経営状況を把握した上でアドバイスできる事があり、ある程度の売上が見込めるようになったら顧問税理士は必要です。
税理士の顧問料っていくらなのか気になりますが月1万円~で、売上高、訪問回数、記帳代行の有無などサービスによっても料金は異なります。
まずは自分の会社の場合の顧問料を見積りしてもらうといいでしょう。

車検が混雑する時期とは

車がなかなか売れない時代であっても12月と3月は新車販売台数が増える月で、12月は年末商戦で販売台数が増え、3月は決算期の値引きなどで販売台数が増えます。
3月、12月は新車の販売台数が増えるので、そうなると3年後に3月と12月の車検が混雑するのです。
特に3月と12月の土日は車検が混雑するので予約が取りにくくなり、できれば前倒しで予約をするといいでしょう。
車検は通常、車検満了日の1か月前から行うことができますが、所有者の希望があれば半年前でも1年前でも車検を受けることができるんですよ。
だから3月や12月が車検満了日の場合には、早めに車検の予約をしておいた方がいいでしょう。
でも早く車検を受けてしまうと車検の有効期限を縮めてしまう事になるので、あまり速すぎると損をしてしまいます。
車検を受けるタイミングって難しいですが、損をしないで車検を受けるにはやはり車検の満了日の1か月以内に受けるのがいいでしょう。
また土日に車検を受ける場合には、混雑が予想されるので早めの予約が必要です。
車検を受けるタイミングによって損得があるので、自分にとって損をしないタイミングで受けましょう。